■本年度の努力目標 ―指導の重点―

                ・お互いを尊重し、理解し、ともに高めあい、いじめのない人間関係の構築

               ・教育の活性化をめざした教育課程の編成、及び個々の教員の授業力向上

               ・学習の場にふさわしい環境整備

            ・指導6項目(六中できる人宣言)の指導実践


○学習指導の充実 ○総合的な学習の時間・特別活動の充実
言語力育成をテーマに魅力ある獲得する授業の展開に 総合的な学習の3年間の系統化
  努め 学年・学級指導の充実
ICT機器の活用、少人数指導等、教職員の指導力の向上 生徒会活動の活性化
  に努める
授業評価に向けた研究に努める ○支援教育の充実
全教職員による支援教育の研修の充実を図り、
○生徒指導の充実   実践力を身につける
基本的生活習慣の確立を図る 障がいの理解と実態に即した指導に努める
    (六中できる人宣言の実 践) 支援を要する子どもへの校内指導体制の確立
コミュニケーション力を高め、お互いを理解し尊重する 保護者との密な連携
  人間関係 の構築を図る
いじめ・不登校を生まない開発的生徒指導の実践と指 ○道徳教育の充実
  導力の徹底 教育活動全般を通して道徳教育の推進を図る
教育相談体制の充実、情報の共有化・連携指導の強化 年間計画に基づいた道徳授業の実践に努める
生徒指導研修を充実し、生徒理解力・指導力の向上に努
  める ○人権教育の充実
○健康安全教育の充実 基本的人権の精神に徹し、全領域を通して
インフルエンザ等の流行の状況を把握し、生徒の健康
 人権教育の推進を図る
  維持に努める 「心のノ−ト」・自主教材の活用に
危機管理体制の充実   努めるとともに、生徒の日常生活の中で生起する
毎月6日を「安全点検の日」に設定し、施設設備の点検  事象を教材にし、総合的な人権教育の
  保持に努める  推進を図る
非常変災に対する指導・訓練に努める 差別を生まない生徒集団の育成を図る
給食実施と食に関する指導の充実   
○教職員研修の充実
全教科における中心研修主題を「言語力育成」 ○教育環境の整備
  とし、研修に努める 校内緑化・校内美化に努める
校内研修の充実を通して、個々の教員の授業 施設・設備・備品・諸用具の丁寧な活用と整理整頓
  力向上を目指す   に努める
研究会・研修会への積極的参加と校内への還元 図書室等の整備と有効な活用に努める
  に努める
寝屋川市立第六中学校
Copy Right(C) 2011 Neyagawa 6th junior high school. All. Rights Reserved.